データ入力方法ついて

ダブル入力方式

データ入力専用機を使用し、お客様のデータ項目に合わせた入力専用画面をそれぞれ作成し、プログラムによりチェックを行いながらエントリー(1回目入力)とベリファイ(検査入力)を別々のオペレーターが行なっております。 これにより、誤入力を低減させます。

入力者は、すべて教育された自社スタッフによる国内処理を行なっております。

株式会社リードコンピュータサービス

1.お預かりした原本は、管理票を付け小分けにします。

2.入力画面を作成し、プログラムでのチェックを行いながら1度目の入力を行ないます。
 1度目のデータ入力後、別のオペレータがもう一度データ入力を行ないます。
 この時、リアルタイムで1度目の入力と比較をシステムが行ないます。差異が発生した場
 合は、警告音が鳴り、原本を確認の上、修正を行います。

3.すべての入力完了後、プログラムによるチェックを行いながらデータを出力します。

4.出力後、管理者によりお客様の仕様通りかなどのチェックを行います。
※また、すべての過程においてイレギュラー等が発生した場合は、付箋処理を行いお客様にご確認致します。

入力データは、ご希望のデータ形式・媒体でご納品致します。
データ形式(txt形式、csv形式、xls、xlsx(MicrosoftExcel)形式等)
媒体(FD、CD-R、DVD-R、MOディスク、メール等)

■入力方法の詳細は⇒こちら

■連想入力とは⇒こちら

■入力システムの詳細は⇒こちら

■入力事例の詳細は⇒こちら

データ入力代行のお問い合わせについて

お問合わせ

お問合わせについて

見積のご依頼の際は、原書状態・件数・項目数・仕様・納期等をお伺いさせていただきます。
※弊社では、ベリファイ(2度入力)が基本となります。
また、サンプル等がございます場合は、FAX(048-579-2160)やメールにてお送りいただきますと正確な御見積を出すことができます。
その他ご相談やご不明な点がございましたらお気軽にご連絡下さい。

  • お問い合わせ先はこちら≫
  • 入力事例

    • 中央省庁 人事記録
    • 学術アンケート(大学・研究機関など)
    • 意識調査(住民・まちづくり・子ども子育てなど)
    • 研究資料(官公庁)
    • 注文票等の伝票
    • 各種書類(契約書類等)
    • 応募ハガキ           etc.
    • 料金について

      お客様がご依頼になる原書(内容)・原書状態・項目数・仕様などそれぞれ異なります、そのため料金も異なりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
      弊社では、2度(検査)入力が基本となりますので御見積金額も2度入力の費用となります。

      データ入力代行サービスの外注先として株式会社リードコンピュータサービスが選ばれています。35年以上の実績を生かし、安心と信頼の入力代行サービスをご提供いたします。自社スタッフによる自社(国内)で入力代行になります。お預かりした原本または、コピーから入力専用機にて入力代行をいたします。 お客様のデータ項目に合わせた入力専用画面をそれぞれ作成し、プログラムによりチェックを行いながらエントリー(1回目入力)とベリファイ(検査入力)を別々のオペレーターが行なっております。当社の教育されたスタッフによる入力なので安心してお任せください。原書状態・項目数・仕様等により、料金が異なります。その他にもスキャニング作業や事務作業代行等も承っております。お気軽にお問合せ下さい。
    Page Top